赤ちゃんの薬をミルクに混ぜるのはあり?簡単に飲ませる裏技 | 知恵まとめ

赤ちゃんの薬をミルクに混ぜるのはあり?簡単に飲ませる裏技

赤ちゃんって、よく風邪を引いたり熱が出たりして
病院に連れていく機会が多いですよね。

そして来院後はお薬を貰うと思うのですが、
飲ませるのも一苦労だったりしませんか?

赤ちゃんは大人のように薬を口に入れて
水で流し込む・・・ということができませんし、
どのようにしたら良いのか悩みますよね。

ミルクに混ぜて与えても良いのでしょうか?
簡単に薬を飲ませるにはどのような方法があるのでしょうか?

スポンサーリンク

赤ちゃんの薬をミルクに混ぜて飲ませるのってどうなの?

赤ちゃんに薬を与える際、ミルクや離乳食などのいわゆる
「主食」には薬を混ぜてはいけないと言われています。

理由は味が変わってしまうことで食事を受け付けないことや、
最初は飲んだとしても薬の苦みで「食事=不味い」と
思ってしまい、食事自体をしなくなってしまうことがあるからです。

ですので、薬を与える際には次の項で
紹介するような方法を試してみてください。

ただ、一つ個人的なことを言わせていただくと、実は我が子が
赤ちゃんの時には普通にミルクに混ぜて飲ませていました。

中には溶けにくいものや、「苦いですよ」と薬剤師さんに
釘を刺されたお薬もあったので、そういったものは
食事とは別々に与えていましたが、

それ以外の無味無臭の粉薬やシロップであれば、
ミルクやジュースに溶かして与えれば何の問題もありませんでした。

ですので、お薬の種類によっては混ぜて飲ませるのも有りだと
感じています。

ただしお薬入りの飲み物は少なめの量にして
確実に飲み切れるようにし、

さらにミルクが足りないようで
あれば後から追加してあげてくださいね。

赤ちゃんに簡単に薬を飲ませる方法は?

先ほど紹介したように、無味無臭のお薬ならミルクに
入れたとしても影響はないのですが、中には苦いお薬
(抗生物質など)もありますよね。

そこで病院の先生や薬剤師さんにも直接聞いたことのある
方法を紹介していきますので、やりやすそうなものを試してみてくださいね。

水に溶かして小さめのスプーンやスポイトで口腔に流し込む

ミルクの前に水に溶けたお薬を与え、すぐにミルクや
母乳を与えます。

流れ作業のようにしていただければ
赤ちゃんも「あれ?なんか今、口の中に入ったような・・・」
と思いながらも食事に気が行くので成功しやすいです。

スポンサーリク

少量の水でお薬を練る

ごく少ない水(スポイト1、2滴)で練って
団子やガム状にします。

それを指につけて赤ちゃんのほっぺたの
内側にくっつけましょう。

そのままでは飲み込めないので、
直後に水やお茶を飲ませてあげましょう。

アイスやココアに混ぜる

こちらは少し成長した赤ちゃん(離乳食を経験済みの
1歳前後から)使える手です。

ミルクや離乳食などの主食に混ぜるのは良しとされませんが、
おやつならOKといわれていますので、

味の濃いココアや、口腔内の感覚が鈍るアイスクリームなどに
混ぜて与えてみたりすると成功しやすいですよ。

ちなみにこの方法は抗生物質を処方されたときに
実際に試してみたのですが、チョコ味のプリンやアイスですと
苦みだかチョコの味だかよくわからなくなりますのでおすすめです!

ちなみにここまで粉薬前提で紹介してきましたが、
たまにシロップのお薬も処方されると思います。

シロップの場合は大抵甘くつくられていますので、
そのままスポイトで口に入れるのが一般的ですが、
お茶やジュースに混ぜて飲ませてもOKです。

まとめ

赤ちゃんのお薬問題は、子育中の方ですと必ず
直面することですよね。

でも難しいことは何もありませんので、
時には処方の際に薬剤師さんの意見を聞いてみたりもしながら、
落ち着いて今回紹介したような方法を試してみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください