友達の赤ちゃんに会いにいく時のプレゼントと守るべき訪問時間の配慮とは? | 知恵まとめ

友達の赤ちゃんに会いにいく時のプレゼントと守るべき訪問時間の配慮とは?

友達に赤ちゃんが生まれたという知らせはとても嬉しいですよね。

できればすぐにでも駆けつけて友達と赤ちゃんに会いたいけれど、
会いに行くにも時間やプレゼントはどうしようと悩むところです。

私も独身のころは特に何も考えずに会いにいっていましたが、
いざ自分に子供ができると、「もっとこうしておけば良かったな」
といった後悔が思い出されます。

そこで今回は友達の赤ちゃんに
会いに行くときのプレゼントや時間帯の配慮やマナーついて、
いざと言う時に困らないよう、詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

友達の赤ちゃんに会いにいく時のプレゼントは何がいい?

まず、親しい友人に赤ちゃんが生まれたのなら、「出産祝い」
として何か送りたいところですよね。

そのご家庭により、欲しいものやタイミングは違うと思うので、
できるのなら事前に一度、
メールで何が欲しいかを聞いた方が良いでしょう。

おもちゃは被ぶりやすいですし、親の好みもありますので、
そういった定番に決めてしまうよりかは友達の希望を聞いて
あげた方が喜ばれますよ。

また、次のようなものなら比較的
喜ばれやすいので、「事前に連絡するのも悪いな」といった
場合には、自分で選ぶのも有りです!

・おくるみ

赤ちゃんにかけてあげたり出先で敷いたりと、何かと出番の
あるおくるみは出産祝いの定番です。

タオル地のものだと
毎日でも洗い替えが出来てより便利です。

・ガーゼのセット

赤ちゃんのよだれ拭きや汗拭きにと、一日に何枚も使うガーゼは
本当に何枚あっても嬉しいものです。

ガーゼ数枚と布製の握る
おもちゃのセットもよく売られていますよ。

・おむつやおしりふき

スポンサーリク

【送料無料】水99.9% ふんわり おしりふき 80枚×20個【1,600枚】【…

楽天で購入

これは事前に使っているメーカー(おむつはサイズも)を確認
しておくとかなり喜ばれます。

と、言うのもこれらは消耗品
なのですが、赤ちゃんをかかえてこれらを買いに行くのも
一苦労だからです。

きちんと熨斗付きでというよりは、
「買ってきたよー」という感覚で渡せるのも、相手も恐縮せずに
受け取りやすいですよね。

・ノンカフェインの紅茶やコーヒー

出産祝いは赤ちゃんのもの・・・と考えがちですが、出産・育児と
頑張り続けているのはママなので、友人を気遣う意味で産後の
身体にも優しい飲み物はいかがでしょう。

授乳中のママには特に
ノンカフェインのものは喜ばれます。

これらは熨斗を付けて「出産祝」としても良いですし、あくまでも
「プレゼント」として気軽に渡す感じでも構いません。

ただ、どちらにせよ頂き物をしたら相手も「内祝」を考えますので、
り熨斗付きにしてあげたほうが、より「心からお祝いしています」
という気持ちが伝わります。

その辺りはその友達との親しさや、
できるなら他の友人と相談して決めた方が良いでしょう。

赤ちゃんを見に友達宅を訪問する時間帯やタイミングって?

プレゼントが決まれば、あとは訪問の日取りですよね。でも、
各家庭に予定や事情もありますので、「○○時が良い」
「生後○ヶ月が良い」とは一概には言えません。

ですので、これは相手に委ねるのが一番です

こちらで決めたいということなら、
日程と時間はいくつか選択肢を作ってあげると、相手も安心しますよ。

また、お茶出しや事前のお掃除など、
訪問と言うと何かと友達が気を使うこともありますので、
訪問時間は1~2時間程度に留めておきましょう。

訪問時の注意点

普通に友達の家に遊びに行くときとは違い、生後間もない友達の
赤ちゃんに会いに行く場合は、次の点に注意しましょう。

・赤ちゃんを触る前には手を洗う

これは基本中の基本です。

赤ちゃんはまだ免疫が弱く、外から
持ち込まれる細菌などですぐ風邪を引いたり
体調が悪くなったりします。

部屋に入っていきなり赤ちゃんへ向かうのではなく、
まずは「先に手を洗わせて」と、洗面所を使わせてもらいましょう。

・少しでも体調が悪かったら延期する

先ほどと同じ理由で、
ちゃんに万が一にも風邪などをうつさないためです。

また、たとえマスクをしていたとしてもその状態で
赤ちゃんを抱っこされたりすると、友達もあまりいい気はしません。

まとめ

友達の出産は喜ばしことなので、直接赤ちゃんに会いに行く行為は
友達にとっても嬉しいことでしょう。

毎日育児で子供と二人きりに
なりがちな時には特に、友達の訪問は楽しみ思うハズです。

ただ、友達は心身ともに万全な状態ではないことをお忘れなく。

場合によっては疲労困憊状態や育児疲れがひどいときもありますので、
楽しい訪問となるよう、あくまでも相手本位での訪問ということで
日取りやプレゼントを考えてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください