子供同士のトラブルでの怪我は学校や相手の親に電話したらモンスターなの? | 知恵まとめ

子供同士のトラブルでの怪我は学校や相手の親に電話したらモンスターなの?

学校や幼稚園、保育園などに子供を通わせていれば、子供同士の
トラブルやケガの心配はつきものです。

大昔の話ですが、私が
子供の頃は女子特有の陰口や無視というのがよくあり、思い出して
みても楽しくはなかったぁと振り返ります。

でも、このような目に
自分の子供があってしまったり、ケガして帰ってきたりしたら
驚きますよね。子供のトラブルに親としてどのような対応をするのが良いのでしょうか?

スポンサーリンク

子供同士のトラブルでの怪我は相手の親に直接電話したほうがいい?

基本的に子供が怪我をして帰ってきた場合、直接親同士で話すのは
避けた方が良いです。

相手の親御さんとの信頼関係がある上でなら
会話するのも構いませんが、そうでないならこちらからその話を
振った時点で、少なからず相手の子供を責めるような感じになるからです。

相手の親にとっても「なんでそんな連絡してくるの?」と、
本当の話だとしても気持ちのいいものではありません。

それに色んな親御さんがいるので、子供同士のトラブルから親同士の
いざこざにもなりやすく、相手のママの仲良しグループに「わざわざ
文句を言われた!」と、言いふらされる可能性も。

子供の為にと思って相手の親と話したつもりでも余計ややこしくなったり、
子供同士にも新たなトラブルの火種になりかねません。

子供同士のトラブルで怪我をして帰ってきたら学校への電話はしたほうがいい?

親同士での直接の会話は避けるべきですし、子供同士のことなので
様子を見ることも大事ですが、心配であればなるべく早めに学校や
園の先生に相談しましょう。

ただ、伝え方を間違えるとただの
モンスターペアレントや面倒な親と思われかねないので、丁寧に
以下のように話を進めてください。

1.子供同士のケンカはお互い様という前提で、自分の子に非が
ないと言ってはいけません

2.ケガについて子供が痛がったり相手の子を常に気にしている
ような感じがすると子供の様子を伝えます。

この時、子供が言った話をそのままそっくり伝えないようにしましょう。

「何もしてないのに○○君にやられた!」などは、相手を
非難しているように聞こえてしまいます。

3.学校や先生を責めるようなことを言ってはいけません。

「気づかなかったの?」「注意しなかったのか?」などは
ただの文句にとらえられてしまいます。

スポンサーリク

「自分でも子供を気を付けて見るようにするので、学校でも少し気を付けて
見ていてもらえませんか?」など、あくまでも子供のために
一緒に協力してほしい、という姿勢で丁寧に希望を伝えましょう。

関連:ゆで卵がきれいにむけるゆで方をコッソリ公開!これであなたもゆで卵名人!

まとめ

私の子供が通う保育園は、何かと行事や親の参加する委員会が
多く、最初はそれが面倒で、仕事もあるのに・・・と後ろ向きでした。

でも先生や他の親御さんとの交流が多い分、いつの間にか
信頼関係ができていたようで、この先生たちと子供達の中なら
安心という思いが今ではとても強いです。

なので日ごろから
機会があれば、学校や園、他の親御さんと交流を持つ、会話を
することも重要だと感じます。

子供になにかあったらやっぱり心配で「早く相手の親や学校に
言わなくちゃ!」と慌ててしまいがちですが、親が慌てる様子
を見て、子供は余計不安になってしまいます。

何か行動を起こすよりも、一番大事なのは子供との信頼関係。落ち着いて子供の
話をよく聞き、「痛かったね」「そんなことがあったんだね」など、
子供に共感する姿勢を見せてください。

例えば小さい子供がぐずったときの場合、「どうしたの?」
「なにかやりたい事があるのかな?」など、子供の話をしっかり
聞きます。そして「そっか、外で遊びたかったんだね。

お外楽しいもんね。」と肯定してあげる。「じゃあ、このおりがみが
終わったら、次はお外に行ってみようか。

お花咲いてるかな」と、
子どもの気持ちを否定せずにやることを子供に委ねます。大人が
否定しないという安心感を与えた上で、最後は子供自身に決めさせます。

そうすることで、自分の思いを受け入れてもらえたという子供の自信に繋がるのです。

子供のケンカの際にも決して「あなたが何かしたからじゃない?」
など、子供を批判したりはしないことが大切です。

親子の信頼関係が
あると子供が感じれば、安心して本音を話してくれますし、心が
安定していきますよ。

特に10代未満の子供は心も体もデリケートで
すので、まずは「親は味方だ」「大人は怖くない」という安心感を与
えてあげてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください