ふるさと納税で保険料控除が及ぼす上限金額への影響を徹底解説 | 知恵まとめ

ふるさと納税で保険料控除が及ぼす上限金額への影響を徹底解説

ふるさと納税をしたいと思ってるけど
生命保険料控除がある場合の限度額って変わってくるの?

なんてお悩みではありませんか?

ここではふるさと納税の限度額に保険料控除が及ぼす影響をまとめています。

スポンサーリンク

そもそもふるさと納税って?

ふるさと納税は「納税」と付きますが、正確には「寄付」のことです。

個人が自治体に2000円以上の寄付をした場合、約20%が控除されるというもので自治体はこの寄付金のお礼に、その地域の特産物などを送ってくれるのです。

ただ、よく調べないで寄付してしまうとお礼が無かったり感謝状のみだったりするのでお礼の品がお目当ての方は、まず欲しいものから探した方が楽しいしお得感満載ですよ。

あくまでも寄付なのでお礼はその自治体の気持ちなのですが、やはり感謝状やボールペン1本のみよりも、欲しい果物や食べたいスイーツなどがあるならそちらに寄付してしまうのも正直なところです。

さらに申告すれば税金の控除も受けられて一石二鳥なのです。

でも、控除するにしても他に保険料の控除がある場合は寄付できる限度額にも影響するのでしょうか?

損しないためにも詳しく知っておきたいですよね。

ふるさと納税の上限は保険料控除で何か影響があるのか?

まず、ふるさと納税の限度額は年収や家族構成によって違ってきます。

家族がいれば配偶者控除や扶養控除を受けられますし、復興特別所得税などの特例もありますので人によって様々ですね。

そして生命保険に加入している方は生命保険料控除をすることで課税所得が減り、ふるさと納税の限度額もそれだけ少なくなります。

ただ、だからといって「ふるさと納税の限度額が減ったらあまり節税できなくなって損!」ということではありません。

生命保険の控除額は7万円前後にはなるので大きな控除額です。

必ずふるさと納税の申告の前にまず生命保険控除は申告してくださいね。

ちなみに会社員の方で職場がまとめて年末調整をしてくれる場合は、生命保険の証明書(毎年年末調整が近づくと送られてくる証明書)を添付するだけなので確定申告の必要はありません。

ですので、年末調整後の源泉徴収票を参考に、ふるさと納税の限度額をネットのシミュレーターなどで算出することになりますが、あくまでも昨年の所得からの算出になるので参考程度にしてください。

スポンサーリク

ふるさと納税の控除上限金額のシュミレーションはこちら


算出された金額の80%くらいの金額に収めれば損しないで控除が受けられると思います。

ボーナスの金額などでも金額は変わるので、あくまでも目安と考えてくださいね。

保険料控除がある場合でふるさと納税をする場合の注意点は?

ふるさと納税と生命保険料控除は併用することが可能ですが、生命保険料控除(扶養控除もですが)は年末調整することによって課税所得から差し引かれるので、必ずその差し引き後の所得額で算出するように注意してください。

差し引かないままで計算してしまうとふるさと納税の限度額にかなり差がでてしまうので、「結局ただの寄付になってしまった!」という話もよく聞きます。

ネットでシミュレーターを利用して限度額を算出する際には、源泉徴収票を手元に置いてから作業してください。

ふるさと納税の控除上限金額のシュミレーションはこちら


また、ここまでしても「前年から昇給した」「ボーナスが増えた、減った」という方は、それだけで課税所得に誤差が生じますので、自分の所得の前年との相違点は、よく覚えておく必要がありますよ。

関連:国民年金の免除で受取額に与える衝撃的な影響とメリットデメリットとは?

まとめ

いかがだったでしょうか。

生命保険は割と加入している人も多いので、当然、毎年控除している方もいると思います。

私は養老型の生命保険(貯蓄と保証を兼ね備えた生命保険で、一種の貯金とも考えられる)に独身時代から加入しているので、貯金しつつその金額で控除も受けられるという感覚で、生命保険料の控除はかなりありがたかったりします。

そしてふるさと納税を知って調べてみて、こちらは欲しいものを貰って控除もあるという似たり寄ったりな面があると感じました。

どちらも利用できる控除なので、これらを併用できる範囲で併用して、損しない方法で上手に節税対策に取り組んでいきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください