子供の痰の出し方で痰が絡んで寝れない時に楽にする対処法 | 知恵まとめ

子供の痰の出し方で痰が絡んで寝れない時に楽にする対処法

夜、子どもがノドに痰が絡んでグッスリ眠れてなくて困ってる…
なんてお悩みではありませんか?

痰が絡んで苦しそうにしている子どもを見てると
本当に辛そうでかわいそうになっちゃいますよね。

そんな痰が絡んで眠れない時におすすめのとっておきの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

空気中に含まれる汚染物質の量が多かったり、気管支粘膜に炎症が
起きたりすると、気管支腺から分泌される粘膜の量も増えます。

その量が100mlを超えると、自然の処理方法では処理しきれなくなって
気管や気管支内に粘液がたまります。

粘液がたまると、その刺激に
よって咳やくしゃみがおこり、たまった粘液が口の方へ吐き出されます。
これが、痰と言われる粘液です。

特に、子供の咳で痰が絡んだような、呼吸が苦しいそうで嘔吐しそうな
状態で病院を受診すると、医師から必ずと言っていいほど聞かれるのが、
痰が絡んだ咳はありませんか…

と、それくらい痰は、病状の目安となる
症状のひとつとして考えられています。

冬になると、お子さんの間では咳や痰が増加傾向にありますが、これは
子供は大人に比べて流感が長引くのは何故か?

それには、子供の痰の性質が大きく関与していると言われます。

流感の時に痰を伴った咳をしているお子さんを見かけるますが、これは、
身体中に侵入した異物を気管や気管支などの粘液からでていった分泌液と
一緒に排泄使用とする生体防衛反応で、痰を排出させようと痰の量を大人より
多く作ると言われます。

そして、たくさん作った痰を外に排出しようと咳をするわけです。

それに子供は、上手に咳が出来ないために、大人よりも痰がたまってしまったり
絡んだりしやすいらしく痰が外に出しにくくなります。

その最大の原因となるのが、気管支の狭さにあるようです。

そんななかでは
炎症も起こしやすくなってしまいます。

そんな悪い条件から子供は大人に比べて流感が長引く傾向にあるようですね。

子供の痰の出し方で出しやすくするにはどうしたらいい?

お子さんの咳き込む苦しい姿を見る度に悲しく、心配になってしまいますよね。
そこで、ご家庭でも出来る対策を考えてみることにしましょう。

ご家庭内で出来ることとは、お子さんの出しにくい痰を出しやすくするためにも
痰自体を軟らかくして出しやすくするために加湿を行いましょう。

加湿器や空気清浄機を使うことで、お部屋を適度な湿度を保って、綺麗なにする。

それに、湿った空気を吸わせることで痰が出やすくする意味から、積極的に
お風呂に入るようにしましょう。

以前は流感の時に入浴すると、風邪が悪化
するからと、お風呂に入れないように教えられた時代もありましたが、
今は、お風呂に入れても大丈夫と言われます。

スポンサーリク

子供の痰が絡んで寝られない時に出来る対処法は?

特に、夜間に咳き込んで痰が絡んでしまいますと、寝不足になりかねません。

そこで、夜間に咳き込む場合には、水分を与えてあげて下さい。

その際には、一度にたくさん飲ませることなく何回かに分ける。

また、寝ている時に、咳きが激しいときには、上半身を起こしてみるのもよいでしょう。

起こすことによって、気管や肺を圧迫しないので痰が出やすくなります。

また、背中をたたいてもその振動で、痰が切れやすいです。

子供の痰の原因って何?

お子さんに咳が出始めたら要注意です。

上述のように、咳と痰は密接な関係があるからです。

咳は、発熱と並んで子供の病気の代表的な症状と考えましょう。

子供の咳の原因とみられる病気には、ウィルスや細菌の感染により起こる
呼吸器の感染症や気管支喘息などがあります。

ところで、もともと咳や痰は、口から肺につながる気道のどかに、外部から
侵入したウィルス、細菌やホコリ等の異物があるときにその異物を排除しようと
して反射的に起こる防衛反応であって、咳や痰の背後には、その原因となる
さまざまな病気が潜んでいるわけです。

まとめ

痰には、色があってウィルスや細菌の死骸の色であります。

何らかの病気の可能性が高い痰の色によっても病気がある程度限定出来ることを覚えて
おきましょう。

最初は白色で病状が進むに連れて黄色になります。

または、緑色になったり、症状が重症化すると血液が混じる血痰が出ることも
あります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください