バレンタインでチョコ嫌いの上司に1000円くらいで贈れる物は? | 知恵まとめ

バレンタインでチョコ嫌いの上司に1000円くらいで贈れる物は?

バレンタインは男女にとって特別なイベントですね。
みなさん毎年ワクワクドキドキ!
ちなみに我が家の昨年のバレンタインは妻から『GODIVA』の箱に中身キットカット
でした(笑)というか、箱があるってことは中身食べてますよね(笑)
おちゃめな奥さんでしょ(笑)

さて、『日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを込めてバレンタインを贈りたい!
でも、その人はチョコが嫌い』といった場面に遭遇した方も少なからずいるのでは
ないでしょうか?

ご年配の方ほどこの色が強いようですね。
好みが分かっていれば問題ないですが、どういうものをプレゼントするかお悩みの方も
いらっしゃるかと思います。

今回、『チョコ嫌いな上司』に贈るバレンタインについて調査してみましたので
ご紹介します。

スポンサーリンク

バレンタインでチョコ嫌いの上司へ贈るチョコ以外の1000円くらいのお菓子は?

たとえ『義理』でも、バレンタインにプレゼントをもらえると嬉しいものです。
それは、年齢を問わずだと思います。

では、どうしてもチョコが嫌い!なあなたの上司に何を贈ったらいいでしょうか?

相手の好みが分かっていると選びやすいと思いますが、そういう場合ばかりではないと思います。
ここでは、チョコ以外の人気なバレンタインプレゼントをいくつか紹介します。

・米菓類、饅頭、餅類などの和菓子
→和菓子屋さんでもバレンタイン仕様の商品が販売されていますので近くのお店で
 探してみましょう。

・ナッツ類
→お酒を飲む方だとおつまみになっていいですね。

・コーヒー豆、茶葉
→コーヒー好き、お茶好きには喜ばれるはず。

他にも、定番のプレゼントとして、クッキーやドーナツ、ケーキ系など

どれを選択しても、1000円出せばちょっといいプレゼントになりそうですね。

バレンタインでチョコ嫌いの上司に物をプレゼントするなら何がいい?

バレンタインで食べ物以外に贈るものでは、何がいいでしょうか?
個人的には、「食べ物・飲み物」関連の方が、商品の選択に幅があって良いかとは思いますが、

相手の好みが分かっている場合、形に残る「物」をプレゼントでも、アリかもしれませんね。
趣味嗜好に合わせてプレゼントされると、相手もとても嬉しいと思います。

プレゼントしやすい「物」の代表例として、

・ボールペンなどのオフィス用品
→文具やオフィス用品にも様々です。日頃よく使う物だと喜ばれるかも。

・ハンドケア用品などの男性化粧品
→私の体験ベースです。ハンドクリームとフェイスパックを職場の後輩から
 もらったことがあります。フェイスパックは、トラ顔がプリントされたもの
 でした(笑)。一笑い生まれていいプレゼントですね。

・タバコ
→趣味嗜好でいうと喫煙者にはうれしいかも。外れがありませんね。
 これも私の実体験で、なかなか売っていない外国のタバコをもらったことがあります。
 これはこれでうれしかったです。

「物」の選択を誤ると、「義理」というのを「本命」と勘違いしてしまいトラブルが起こる
可能性もありますので、十分注意しましょう。
 

スポンサーリク

バレンタインを上司に渡す渡し方と挨拶はどうする?

タイミングが合わなくて、うっかり渡し損ねてせっかく買ったプレゼントが渡せ
なかった!なんてのはとても悲しいことですね。
他のトラブルとして、「義理」のプレゼントを「本命」と勘違いされる、というのも
ありがちです。

ここで、「無難なバレンタインプレゼントの渡し方」を紹介したいと思います。

・みんなに平等なプレゼントを渡す。
→複数人にプレゼントを贈るなら、同商品がベスト。プレゼントに差があると
 やっかみが生まれるかもしれません。(役職や関係性によって多少は替えてもいいでしょう。)

・朝出勤時にみんなに渡す。
→朝イチで渡してしまうのがベストです。みんなが揃いやすいタイミングに一気に配って
 しまいましょう。

・「本命」と勘違いされない様なメッセージを心掛ける。
→直接渡せる場合は口頭で、「いつもお世話になってます。よかったら召し上がってください。」と
 日頃の感謝を伝え、直接渡せない場合は、付箋などを用意しておいて、上記のような簡単なメッセージを
 添えておきましょう。
 実体験で、メッセージ付きで名前がないプレゼントをもらったことがあります。
 名前を忘れていたようです。後に誰か判明しましたが、名前がないともらいにくいので必ず名前を添えて
 ください(笑)。

まとめ

色々と書きましたが、例外はあるものの男性はプレゼントを贈ってくれる気持ちがうれしいのです。
ホワイトデーが大変でも…そんなのこの喜びに比べたらなんのことはありません。
ホワイトデー目当てで渡されると迷惑ですが(笑)

感謝の気持ちを後輩から表現されるのに気を悪くする上司も少ないでしょう。

変に気取らず悩まず、バレンタインを楽しんでプレゼントしてみましょう。
ただし、くれぐれも「いらぬ誤解」は生まない様に注意して、商品選びや渡し方などは
気を付けて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください