雛様の三人官女の並べ方とそれぞれの持ち物の正しい配置とは | 知恵まとめ

雛様の三人官女の並べ方とそれぞれの持ち物の正しい配置とは

女の子のいるご家庭は節分を終えて立春を迎えると、
「そろそろひな人形を飾るか!」となりますよね。

何段飾りかによって人形や道具がどんどん増えてきますが、いざ並べようと
したときに「三人官女はどう並べるんだっけ?」と迷うことはありませんか?

そこで今回は三人官女の正しい並べ方について
ご紹介していきます。

飾るときに迷わないようにしっかり
確認しておきましょう!

スポンサーリンク

そもそも三人官女ってなに?

官女は姫の側近的立場です。

身の回りのお世話はもちろん、
礼儀作法や勉強を教える教育係でもあり、嫁ぐ際にも一緒に
ついていきます。

テレビドラマや小説で有名な「大奥」を
思い浮かべてもらえば分かりやすいですよ。

この官女は誰でもなれるわけではなく、家柄や教養も重要視されたうえで
採用されています。

側近ですから身分の高い家の出で、
さらに優秀な人でないとこの職には就けないわけです。

雛飾りとして並べるとただの付き人くらいにしか見えないかも
しれませんが、光輝く主役であるお姫様を育てたのは
三人官女だといっても過言ではありません。

お雛様の三人官女の並べ方と分かりやすい覚え方とは

パッと見はどれも同じでは?と思いがちですが、よく見てみると
1人ずつに特徴があるのです。

まず、三人官女には立っている人と
座っている人がいます。

そしてその比率は2:1。大抵は
立っている人が2人で座っている人が1人なのですが、
少数派の方を真ん中に置きます。

ごく稀ですが3人とも
立っている・座っている人形もありますので、その場合は
官女の顔に注目しましょう。

眉が剃られ、さらに口を少し開けて
お歯黒が見えている人形が真ん中です

(子供はお歯黒に馴染みが
ないため、歯が白い人形も増えています)

この特徴は既婚者を
表しており、既婚者の官女=年を重ねた一番のベテラン
ということになり、3人のリーダー的存在なので中央に鎮座しています。

他の2人は独身者の若い官女で、真ん中の
リーダーを補佐する役割を果たしています。

「2人の官女は似ているし、どっちにおいてもOK?」と思いますが、ちゃんと
位置が決まっています。

立っている場合は左右の足の出方が微妙に
異なりますので、前に出ている方の足が外側にくるように
並べましょう。

座っている場合は足が内側を向くように飾ります。

スポンサーリク

お雛様の三人官女のそれぞれの持ち物は?

雛飾りは、お内裏様とお雛様の結婚式の場面です。

結婚の儀式で欠かせないのはお酒を飲みかわす三々九度ですが、その際の
お酒を準備しているのが三人官女です。

ですので、持ち物は
それぞれお酒に関係しています。

・長柄(ながえ)

盃にお酒を注ぐものです。向かって右の官女に両手で持たせます。
注ぎ口が内側を向くようにしましょう。

・島台(しまだい)・三方(さんぽう)(盃)

島台には祝儀のお飾りを、三方には盃を乗せます。注いだお酒を
お内裏様とお雛様に直接お渡しするので、真ん中の官女(一番身分の
高い官女)に持たせます。

・提子(ひさげ)

見た目は急須のようなもので、長江に注ぐお酒が入っています。
手のひらが上を向いていますので、そこに取っ手部分を引っかけて
あげましょう。提子は向かって左の官女に持たせます。

まとめ

幼いころからお姫様をお世話し教育し、様々なことを教えてきた
三人官女の役目を知ると、脇役なんかではなく立派な主役の
一員にだということがわかりますよね。

そう考えると、自分の娘の
ために毎年飾る雛人形の三人官女が、自らの姿と重なって見えて
親近感が湧いてきます。

結婚式の一幕である雛飾りの中で、
三人官女はお姫様の成長を喜び、お内裏様とのこの先の幸せを
願っていることでしょう。

大切な儀式の最中ですので、三人官女に
恥をかかせないように、飾り方はくれぐれも間違えないように
注意してあげましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください