10月, 2018 | 知恵まとめ

「 2018年10月 」一覧

七五三の前撮りで家族写真を撮るときの家族の服装で親の服はどうする?

七五三の前撮りで家族写真を撮るときの家族の服装で親の服はどうする?

子供の七五三の写真撮影は、子供の成長を感じられる嬉しい イベントの一つですよね。 最近の写真スタジオでは様々な プランも組まれていますので、 「誕生日と一緒に」や「兄弟での 写真も撮りたい」などの要望にもほとんど答えてもらえます。 では家族写真を撮りた...

記事を読む

巻き寿司の切り方を綺麗にする裏技でラップやキッチンペーパーを使うスゴ術とは

巻き寿司の切り方を綺麗にする裏技でラップやキッチンペーパーを使うスゴ術とは

太巻きでも細巻きでも、巻き寿司を食べる機会は結構ありますよね。 お寿司屋さんでカットされたものならそのまま食べられますが、 家で作ったものや買ってきたものは自分でカットすると思います。 でも、いざ自分でやるとなると包丁について上手く切れないことや 巻き寿司が崩れてしまうことはあり...

記事を読む

子供の入学式に着物で出席!30代ミディアムヘアにおすすめの自己流アレンジとは?

子供の入学式に着物で出席!30代ミディアムヘアにおすすめの自己流アレンジとは?

子供の入学式は卒業式とは違い、これから関わることになる先生や 他の保護者との対面の場でもあります。 この機会にスーツよりも 伝統のある着物で参加するママさんも多いですよね。 でも着付けに時間がかかりますので、 できるなら髪型は自分でサッとセットして 当日の時間にも...

記事を読む

卒業式の親の寒さ対策で寒い時にコートやストールの着用って非常識なの?

卒業式の親の寒さ対策で寒い時にコートやストールの着用って非常識なの?

子供の卒業式には保護者の出席も望まれますし、子供の大事な 式典には絶対に参加したいママも多いと思います。 ただ、立春を迎えているとはいえ3月は まだまだ寒い時期ですし、 ましてや暖房のない学校の体育館ではさらに館内が冷え切っていて かなり寒いのが現実です。 ...

記事を読む

卒業式の親のストッキングで黒のデニール数やタイツの常識マナーを解説

卒業式の親のストッキングで黒のデニール数やタイツの常識マナーを解説

お子さんの卒業式が近づくと、「卒業式の服装どうしよう?」と、 考える保護者も多いと思います。 ブラック系のスーツを選ぶ方も 多いようですが、問題はそれに合わせるストッキングだったりしませんか? 子供にとって最後の学校行事ですので、子供に恥を かかせないように、大人と...

記事を読む

卒業式で、保護者のコサージュの位置は左右どちら?

卒業式で、保護者のコサージュの位置は左右どちら?

「もうすぐ子供の卒業式!」となると、保護者も服装や当日の スケジュール確認など、色々と慌ただしくなりますよね。 ママは特に服装で悩みますが、「コサージュは付けよう」」と思っても、 いざ付けるとなると「どの辺につけるもの?」と悩みませんか? うっかり常識外れなことをして...

記事を読む

卒業式にコサージュって必要?付けないのは非常識?徹底解説

卒業式にコサージュって必要?付けないのは非常識?徹底解説

 子供の卒業式が近づくと、それに出席するママも服装で 悩むことになると思います。 卒業式の母親の格好と言えば スーツにコサージュが定番となっていますが、 最近ではコサージュを付けないママも増えてきましたよね。 「なんか昭和の古いイメージがあるし,私も付けなくても いい...

記事を読む

幼稚園の役員に選ばれる人と選出方法と上手に断る確実な断り方とは

幼稚園の役員に選ばれる人と選出方法と上手に断る確実な断り方とは

子供を幼稚園や保育園に通わせていると、避けて通れないのが 毎年の役員選出ですよね。 一言で「役員」と言っても園によって、 役員の種類や大変さにもかなりの差があるようです。 役員の選出はどのように行うのか? 仕事や家庭の事情で出来れば断りたい場合は どう...

記事を読む

足先の冷えにイチ押しの温める場所をコッソリ公開!冷えの根本改善方法とは

足先の冷えにイチ押しの温める場所をコッソリ公開!冷えの根本改善方法とは

冷え性に悩む方は多いと思いますが、特に冬場に手先や足先が 冷たいと身体全体も凍えてしまいますよね。 特に女性に多いお悩みの「冷え性」ですが、 足先が寒いからといってそこばかり温めようとしてはいませんか? 実はこれだと一次的に冷たさは 和らいでも本当に一時なので解決に...

記事を読む

年賀状の印刷ミスの失敗ハガキの交換はいつまでで手数料はいくら?

年賀状の印刷ミスの失敗ハガキの交換はいつまでで手数料はいくら?

早ければ11月末ごろから、年賀状を書き始める人も多いですよね。 年賀状を書いたりデザインを選んだりというのは楽しい作業ですが、 書き進めるにつれて、いつも何枚かは失敗してしまったりしませんか? また、多めに買ったのに結局使わなかったので 手元に残ってしまった年賀状もあるかと思...

記事を読む