健康 | 知恵まとめ

「 健康 」一覧

髪がべたつく時の対処法と髪の毛のベタベタの応急処置を暴露

髪がべたつく時の対処法と髪の毛のベタベタの応急処置を暴露

みなさん、夕方になると何だか髪の毛がべたつくのを 感じたことはありませんか? 私は特に頑張った日などがべたつくように感じます。 大体の人が朝方はあんなにサラサラヘアーだったのに 夕方にはべたつくヘアーに変身してしまうのではないでしょうか。 その原因は、な...

記事を読む

髪の毛の油をとる方法でべたつきの応急処置や改善方法は?

髪の毛の油をとる方法でべたつきの応急処置や改善方法は?

男女問わず頭皮の油べたつきに悩まされている方は少なくないと思います。 原因として、ほとんどの場合が自身の生活習慣に起因しています。 油っぽい食生活やシャンプーの仕方、睡眠不足、ストレスなどが代表例ですね。 今回、頭皮の油や髪の毛のべたつきに対処する方法を調べてみましたので ご...

記事を読む

子供の痰の出し方で痰が絡んで寝れない時に楽にする対処法

子供の痰の出し方で痰が絡んで寝れない時に楽にする対処法

夜、子どもがノドに痰が絡んでグッスリ眠れてなくて困ってる… なんてお悩みではありませんか? 痰が絡んで苦しそうにしている子どもを見てると 本当に辛そうでかわいそうになっちゃいますよね。 そんな痰が絡んで眠れない時におすすめのとっておきの対処方法を紹介します。

記事を読む

溶連菌の喉の痛みが治らない時にできる対処方法は?

溶連菌の喉の痛みが治らない時にできる対処方法は?

寒い日が続いていますね。 この季節は、空気も乾燥しますから、風邪やインフルエンザなど感染症が増加します。 その中でも要注意なのが「溶連菌感染症」です。 溶連菌感染症は、主に乳幼児が感染、発症します。 体力が低い子供に多い病気ですから、うっかりすると大変ですね。 しっかりした...

記事を読む

溶連菌の潜伏期間の感染力は?子どもからうつる大人もいるの?

溶連菌の潜伏期間の感染力は?子どもからうつる大人もいるの?

夏のヘルパンギーナや冬のインフルエンザと同じく、 感染力が強い病気として知られるのが溶連菌(正式には 溶連菌感染症と呼ばれます)です。 溶連菌は季節関係なく感染し、 特に幼い子供に感染しやすいので幼稚園児や保育園児の 子供を持つ保護者の皆さんは常に心配が付きまといますよね。 ...

記事を読む

溶連菌で保育園は何日休む?登園できるのはいつ頃からなの?

溶連菌で保育園は何日休む?登園できるのはいつ頃からなの?

溶連菌は、溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌が原因の感染症です。 感染者は15歳以下の子供がほとんどと言われる病気ですが、 免疫が弱っている時であれば大人であっても感染する危険が ありますので注意が必要です。 我が子が溶連菌にかかってしまった場合、保育園は何日くらい お休...

記事を読む

インフルエンザで嘔吐で薬が飲めない!子供が薬を吐く対処法

インフルエンザで嘔吐で薬が飲めない!子供が薬を吐く対処法

冬の時期に辛い病気として「インフルエンザ」が挙げられますね。 この「インフルエンザ」は、 インフルエンザウイルスによるウイルス感染症で 高熱、倦怠感、咳、鼻水、嘔吐、腹痛などの症状が出現します。 非常に感染力が強く、 流行期には学級閉鎖になったりすることもありますね。 ...

記事を読む

インフルエンザは嘔吐物でうつる?処理や洗濯の正しい方法は?

インフルエンザは嘔吐物でうつる?処理や洗濯の正しい方法は?

冬の時期の怖い病気というと、真っ先にインフルエンザが思い浮かぶ方も 多いのではないでしょうか? 我が家に至っては、毎年のように家族の誰かが罹っています。 しかし、なぜでしょうか…一家全滅でも私はインフルエンザに罹ったことが ありません。 どれだけ献身的に看病しても、うつ...

記事を読む

インフルエンザにうつらない人なぜ一緒にいてもうつらないのか

インフルエンザにうつらない人なぜ一緒にいてもうつらないのか

11月、12月といえば嫌なのがインフルエンザですよね。 空気の乾燥や気温など、インフルエンザにとってこの季節は もっとも猛威をふるう季節になります。 できることならばうつりたくないと思うのが普通ですが、 うつりたくないと思えば思うほどうつってしまうのは なぜでしょうか。 ...

記事を読む

ヘルパンギーナはどうやってうつる?うつらないようにするには?

ヘルパンギーナはどうやってうつる?うつらないようにするには?

子供が風邪っぽいなと病院に連れて行ったら 「ヘルパンギーナですね」と言われて「なにそれ?」と 不安になったことはありませんか? 主に免疫の不完全な小さい子供がかかりやすい病気なのですが、 これってどのような病気なのでしょうか? 完治するまでは幼稚園や保育園にも行けないのでしょうか?...

記事を読む