ヘルパンギーナはどうやってうつる?うつらないようにするには? | 知恵まとめ

ヘルパンギーナはどうやってうつる?うつらないようにするには?

子供が風邪っぽいなと病院に連れて行ったら
「ヘルパンギーナですね」と言われて「なにそれ?」と
不安になったことはありませんか?

主に免疫の不完全な小さい子供がかかりやすい病気なのですが、
これってどのような病気なのでしょうか?

完治するまでは幼稚園や保育園にも行けないのでしょうか?

スポンサーリンク

ヘルパンギーナってなに?

ヘルパンギーナは一見すると普通の風邪にも思える症状の
感染症です。主に夏に流行るので、「夏風邪?」と思って
見過ごしてしまうケースも中にはあるようです。

見過ごしてしまうような軽症であれば良いのですが、
多くの場合は急に高熱が出たり、口腔内や喉に炎症が起こり、
水疱ができたりするので、普通の風邪と比べると
「ちょっと重症?」と気づきやすくもある病気です。

口腔内や喉が痛みますので飲食を嫌がるケースも多く、そうすると
脱水になってしまう可能性もあります。

さらに発見が
遅れてしまうと細菌が神経に入り込み髄膜炎(ずいまくえん)
になる危険性もありますので、子供が夏に風邪を引いた場合は
ヘルパンギーナの可能性もあると考えて子供をよく観察してください。

感染者のほとんどが小学生以下の幼い子供ですが、
学生や大人でも睡眠不足などで体力が落ちている時は感染する
可能性もあるので注意が必要です。

ヘルパンギーナってどうやってうつるの?

ヘルパンギーナは感染症ですので、人から人へ移る病気です。
一度感染することで免疫ができるのですが、

ヘルパンギーナを
発症するウイルスは多数あるので、2度3度と繰り返し
感染することもあります。

主な感染経路は感染者の
咳やくしゃみによって飛び散ったウイルスから感染する飛沫感染で、
その感染力は非常に強いです。

ウイルスは便の中にもいますので、トイレでの手洗いが
不十分であればより感染しやすくなりますし、まだオムツを
している赤ちゃんの場合はお世話している親や家族も
注意しなければなりません。

そして幼い子供達が感染しやすい
病気なので児童館や幼稚園・保育園などの集団生活をしている
場所では集団感染の危険性もあるのです。


スポンサーリク

ヘルパンギーナに兄弟がうつらないようにするには?

感染力の強いヘルパンギーナですが、最も感染する確率が
高くなるのが、感染者が発熱している期間です。

この期間は大人であっても感染が心配な期間ですので、
看病する際にはなるべくマスクを使用し、オムツ交換や
トイレ補助が必要な場合は使い捨てのビニール手袋を
はめて行うようにしましょう。

兄弟がいる場合はなるべく
同じ部屋で生活させないのが良いのですが、同じ空間で
過ごす時間が出来てしまう場合には兄弟にもマスクを
使用させたり、こまめなうがい、手洗いを徹底させたり
するように心がけてください。

手用のアルコール消毒液や
除菌シートがあれば手洗いの後にさらにそれらを
使用することで安心度が上がりますよ。

ちなみに、基本的には熱が下がって機嫌も良いようなら
幼稚園や保育園に登園は可能です。

ですがウイルスがまだ
体内に残っている可能性もありますので、登園前には一度
通っている幼稚園や保育園に確認しておくようにしましょう。

まとめ

感染症と聞くと小さなお子さんがいるパパママは特に
心配になりますよね。

ヘルパンギーナは感染力が強く、いざ
感染してしまうと口や喉にできる水疱が痛々しいですし、そのせいで
飲食が出来ずに脱水等になると入院を余儀なくさせることもあるので
油断はできません

。主に小さな子供が感染しやすいヘルパンギーナですが、
感染者の親兄弟も手洗いうがいなどで予防に力を入れて、二次感染を
出来るだけ防いでくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください