二日酔いの臭いを消す方法で息が臭い時にできる効果抜群の対策は | 知恵まとめ

二日酔いの臭いを消す方法で息が臭い時にできる効果抜群の対策は

通勤中や職場内で、二日酔いのお酒臭さが充満している
ことがありますよね。

「うわっ」と思ってしまうこともあるほどの
臭いですし、もしこれが自分から臭っていたらと考えるだけで
ゾッとします。

実際に飲み会があったりお酒を飲む機会が多かったり
すると、臭いはかなり深刻な悩みとなりますので、

二日酔いの臭い対策について、この機会に詳しく知っておきましょう!

スポンサーリンク

そもそも二日酔いだとどうして臭うの?

人がお酒を飲むと、アルコール分は肝臓で「アセトアルデヒド」
という物質に分解されます。

さらにこの「アセトアルデヒド」も
酸や二酸化炭素、水などに分解されるのですが、

過剰にお酒を飲むことで
肝臓の機能が追い付かなくなります。

するとアルコール分はアセトアルデヒドのままで
体内を巡ることになってしまい、

この分解しきれなかったアセトアルデヒドは
臭いの原因物質となって独特の臭いを発生させるのです。

体内を巡る中で臭いが発生しているので、口臭に留まらず
全身から臭ってしまうこともあります。

二日酔いの息の臭いの口臭を消す方法とは?

肝臓の分解機能を越えた飲酒をしてしまうと、身体中から臭いが
漂うレベルなので完全に消すというのは難しいです。

ですので、次のように飲む前や
飲んでいる時に対策する必要があります。

・飲酒前のドリンクを利用する

ウコンや肝臓エキスが配合されたドリンクを飲む前に飲んで
おきましょう。

こうすることで肝臓のアルコールを分解する力を
サポートしてくれますので、

通常より多くのアルコールを
処理できます。

ただし、あくまでも「サポート」程度の力ですので、
これを飲んだからと言って度を超えて飲んでもOKということでは
ありません。

・飲んでいる途中に水分をとる

肝臓がアルコールを分解するためには水分が必要です。

よく、「お酒を飲むとさらに喉が渇く」と聞く事がありますが、
これは肝臓がアルコールを分解するために、

口腔内をはじめとする
身体中から水分を集めようとしているために起こる現象です。

ですので、のどが渇いたからといって
さらにお酒を飲むのは悪循環です。

お酒の次はお茶や水などの水分をしっかり
とるようにすることで、肝機能に負担がかからなくなります。

・食べ物を食べながら飲む

飲み会となると料理にはほとんど手を付けないで飲み続けている
人も結構多いですが、

それだと肝臓に過度に負担がかかって
しまいます。

適度に食べ物もつまみながら飲むことで肝臓を
適度に休ませながら過ごせますし、酔いにくくもなりますよ。

スポンサーリク

二日酔いの部屋の臭いを消す方法とは?

飲みすぎて眠いからといってそのまま寝てしまうのは絶対に
避けてください。

全身からの臭いがさらに悪化してしまい、
部屋中に充満して家族や周りにも嫌な思いをさせてしまいます。

歯磨きやシャワーをしっかりとすることで、口腔内や全身の
皮膚に巡ってきたアセトアルデヒドを洗い流すことができます。

また、翌朝はさらにガムやタブレット、マウスウォッシュなどで
口腔内の消臭と除菌を念入りに行いましょう。

そして翌朝は部屋を
よく換気し、ベッドやカーテン、

心配であれば当日の洋服にも
消臭スプレーを拭きかけて置くことで臭いが留まるのを
防ぐことができます。

まとめ

二日酔いは体調不良のみならず、身体中から漂う悪臭に
周りが迷惑することも多いですよね。

飲み会ではお酒の量を
セーブするのが基本ですが、

「今日は飲みたい!」と言う時には
頻繁でなければストレス解消にもなりますので常にセーブし
続けることもありません。

お酒を楽しみながらも、飲む前に
ドリンク等で対策をし、

飲み会中は食べ物やソフトドリンクも
注文するようにして肝臓に負担をかけすぎないように二日酔い
対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください