働き方改革の企業のメリットと従業員のメリットを徹底解説 | 知恵まとめ

働き方改革の企業のメリットと従業員のメリットを徹底解説

最近よく「働き方改革」と聞く機会がありますが、これって
「具体的にはどういったもの?」と思う方も多いですよね。

働いている立場だと、これによって何か変わるのか?具体的に
どうなるのか?そもそも自分に関係があるのか?

などと疑問も
どんどん湧いてくると思います。

今回はその働き方改革の
メリットにスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも働き方改革ってなに?

働き方改革とは、平成28年に安倍内閣が掲げた政府主導の
取り組みのことです。

具体的には「一億総活躍社会」実現を
目指しての取り組みということですが、

ここがまた分かりにくい
表現ですね。

これは簡単に言うと、少子化によって人口が
減少し続けていっても、「会社員」「主婦」「自治会長」などの
様々な立場にある国民が

、一人一人適材適所で能力を発揮して
活躍し、生きがいを感じられる活気的な社会にしていこう!
というものです。

一個人の決意表明ではなく政府主導の政策ですので、
企業においても国が定めたガイドラインに従って
取り組む必要があります。

働き方改革で企業にとってメリットってあるの?

では、具体的に企業は何か変わるのでしょうか?改革には
様々なものがあり、

それをどのように活用していくかは
企業によりますが、

注目できるのは「長時間労働の見直し」です。

これにより従業員が時間内で仕事を終わらせられるようになり、
結果的に業務の効率化や生産性の向上を期待できます。

そして従業員が時間を有効に使えるようになることで
精神病などの危険から従業員を守ることもできるのです。

そもそも、定時を
越えて働かせたり休日出勤を強いる事は労働基準法違反の
疑いがあります。

そのような問題に対し、働き方改革関連法案が
成立したことで『時間外労働の上限規制』が法律で定められました。

これにより先ほど紹介したようなブラック企業のやり方は
法令違反となる可能性が高くなります。

そのような悪徳企業に
人材を確保されるのを防ぐ意味でも、働き方改革は有効です。

スポンサーリク

働き方改革で従業員にとってもメリットって何?

従業員が勤務時間を有効に使う事で、企業にメリットが
あるのがわかりましたが、当の従業員側としてはどうでしょう?

働き方改革には長時間労働の見直し以外にも、「賃上げ」「女性の
社会活躍」「職場環境の整備」「非正規労働者の処遇改善」などが
幅広く存在します。

これらを行使することにより、従業員側も時間の
使い方を選びやすくなることで仕事以外のプライベートな時間も
充実します。

結果的に従業員の心身の健康を確保することが
できるのです。とは言え、一件「素晴らしい!」と思いがちな
働き方改革ですが、

まだまだ企業の認識の違いによる問題も多いのです。

例えば「非正規労働者の処遇改善」においては、
一定期間、企業で働き続けた非正規のパートや契約社員を
無期雇用や正社員にするという取り組みがある一方で

「だったらその一定期間ギリギリで契約を切ってしまえば良い」と、
突然契約更新を断られるケースがあります。

実際にメディアでも
話題になりましたが意外と有名な企業や大学法人で行われており、
批判が続いていますね。

このような事態を政府がどう集束
していくのかが今後注目されています。

「女性の活躍」についても、
そうは言っても女性だとある役職以上には上がれないケースが
未だに目立ちますので、

働き方改革がどの程度、女性の社会進出を
後押ししてくれるのか?はまだまだ曖昧です。

改革案が出されて
まだ間もない「働き方改革」ですので、

この先も国民が意識的に
動向をチェックする必要があります。

扶養で130万円超えてしまった場合の変化とデメリットを分かりやすく解説

まとめ

一見、国民全員が輝ける素敵な改革にも思えますが、その実態は
まだまだ曖昧な箇所が多く、

企業によっても認識や方向性が
違っているようです。

ただし、長時間労働や休みなしなどの
ブラック企業のような働き方が目立つ日本社会ですので、

そういった悪い風習を規制する意味では
強い味方となってくれるかも知れません。

この改革がどのように動いていくかを気にかけつつ、
自分の環境がより良いものになる方向へスムーズに進むことを
願いたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください