眉毛ブリーチのセルフでのやり方で放置時間や頻度の極意とは | 知恵まとめ

眉毛ブリーチのセルフでのやり方で放置時間や頻度の極意とは

「髪を染めたから、眉毛が浮いてしまっている」「スッピンでも
垢ぬけたい!」など、眉毛に悩みを抱えた女性は多いと思います。

毎日眉マスカラで着色している方などはメイクが面倒なことも
ありますよね。そんなシーンにおすすめなのが眉毛のブリーチ。

ブリーチしてしまえば毎日のメイクの手間も省けますし、
スッピン顔も垢ぬけた感じになって色々と楽しめます。

でも、「ブリーチ」と聞くと自分でもできるのか心配ですよね。

今回はセルフでできる眉毛ブリーチの方法や注意点についても詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

眉毛ブリーチ基本のやりかた

美容室で髪を染めるついでにやってくれるお店もありますが、
大体が別料金でしかも余計に時間がかかってしまいます。

それらを気にせずに自分好きなときに自由にやりたい場合は、
まず以下のものを揃えましょう。

・脱色剤
・コットン
・ウェットティッシュ
・保湿剤(乳液やワセリンでOK)

やり方は以下の通り。

1. 眉毛を整える
2. 洗顔して切った眉毛を完全に落として乾燥させる
3. 眉の周りに保湿剤を塗り、保護する
4. 脱色剤を眉毛に塗る
5. 垂れないように上からコットンでおさえる
6. 一定の時間を置いてからコットンで脱色剤をふき取り洗い流す

・・・はい、これだけです。

意外と簡単にできますよね。

これなら私にもできそうと思った方も
多いと思います。

所要時間についても、脱色時間を含めて20分程あればできますよ。

眉毛のブリーチのやり方や放置時間はどれくらい?

先ほどのやり方で脱色剤を付ける時間ですが、これは眉の濃さや
自分の希望により異なってきます。

基本的には脱色剤の説明書に
従っていただければと思いますが、

一般的には5分~10分というのが多いようです。

中には眉毛が濃くて色が抜けにくい方や、
眉メイクにこだわりがあるから凄く薄くしたい方など様々ですので、
そういった方は少し長めに脱色剤をつけておくとより効果的ですよ。

眉毛をブリーチする頻度ってどれくらいがベストなの?

髪と同じで眉も伸びますので、ブリーチは定期的に行わないと
元の色に戻ってしまいます。

眉の抜け替わりは個人差があるので
自分のタイミングの良い時に繰り返し行うのが良いですが、
大体2~3週間に1回ずつ行うことが多いようです。

スポンサーリク

眉毛ブリーチの注意点

脱色剤は通販やドラックストアで簡単に手に入りますが、
顔用のものは少ないので、全身用(主に脇や足用)を選ぶ方も多いようです。

ただ、それらは顔には刺激が強い傾向があるので、
肌に合わなかったり敏感肌だったりすると、お肌の中でも
デリケートな眉周辺は簡単にかぶれてしまう心配があります。

できるなら顔用の脱色剤を選び、本番前にパッチテストを
行っておくと安心ですよ。

また、眉がもともと薄い方だと
思ったようにいかず、「さらに薄くなって不自然に見える」
「イメージと違った!」といったこともあります。

実は私も一度試したことがあるのですが、
まさに元々眉が薄いので眉なしのような不自然な仕上がりになってしまいました。

その場合も生え変わりを待てば良いという安心感はあるのですが、
スッピンを見た夫が「あれ、眉毛ないね(笑)」と毎日のように
指摘するレベルで地味にストレスが溜まりました。

ただ、あとで調べると、
そういったスッピン時のマイナス点はあるものの、

それでも眉毛をサッと書けば済むのでメイク時間的には短縮できて
やっぱり便利!という見方もあるようでした。

▼1番人気のセルフ眉毛ブリーチ剤はこれ▼
レビューの評価も抜群です

まとめ

眉毛ブリーチは自分でしても面積が狭いので失敗しにくいですし、
道具が揃えば短時間でできるので簡単ですね。

ただ、脱色剤は顔専用ではないものを使うと
かぶれやかゆみの原因となりますし、

顔専用だったとしても敏感肌の方はやはり心配です。

しっかりと自分に合いそうなものを選び、事前にパッチテストなどで
肌との相性をしっかりと確かめてみましょう。

眉ブリーチでメイクのストレスを軽減し、美人度UPも狙ってください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください