幼稚園の役員に選ばれる人と選出方法と上手に断る確実な断り方とは | 知恵まとめ

幼稚園の役員に選ばれる人と選出方法と上手に断る確実な断り方とは

子供を幼稚園や保育園に通わせていると、避けて通れないのが
毎年の役員選出ですよね。

一言で「役員」と言っても園によって、
役員の種類や大変さにもかなりの差があるようです。

役員の選出はどのように行うのか?

仕事や家庭の事情で出来れば断りたい場合は
どうしたら良いのか?気になりますよね。

今回は子供の園での「役員選出」に関して、疑問を解決したいと思います!

スポンサーリンク

幼稚園の役員に選ばれる人ってどんな人?

一旦役員になるとその年度の役員となりますので、責任を持って
やってくれそうな方が一番望まれます。

良く聞く「気が弱そうだから」「断らなそうだから」
と思われて声を掛けられることも極まれにはあるようですが、

ボランティアなので無理強いはまずされません。

それにそういった理由で押し付けてしまっても、
いざ役員の集まりに不参加にされてばかりだと役員の意味が
ありませんので、

具体的にそういった「話し合いの場などに
積極的に参加することが可能か?」「一年間できそうか?」は
保育園側からも詳しく確認されます。

役員の選出方法はどんな感じ?

役員の選出方法については、年度初めの懇談会や行事のついでに
「役員決め」と称してクラスの保護者が集まっての話し合いが
行われることが多いです。

大抵はいきなり「役員やってくれる方は
挙手を!」というのではなくて、
事前にアンケートや個別調査があります。

それで最初に上手く決まりそうなら役員決めの場で、
「この役員は○○さん、この役員は△さんと□さんにお任せして良いですか?」
と、確認作業があって確定するスムーズなケースもありますし、

なかなか決まらなければ最終的にはくじ引きで決める
ことも多いです。また、入園した最初の年には前もって候補者の
ご家庭に打診があることが割と多いですよ。

ただ、そういった場合は既に上の兄弟がその園に在籍しているご家庭や、
卒園生がいるご家庭に対して

「初めての入園生よりもこの園のことが
分かっていると思うので」という感じでお話があるようです。

スポンサーリク

幼稚園のPTA役員を上手に断る断り方

毎年の役員決めはなかなか決まらないと憂鬱になりますし、
「仕事が毎日忙しいからできないよ!」思う方も多いと思いますが、

例えば次のようなケースだと免除してもらえる
可能性がありますので、事前に園の規定を確認してみましょう。

・引っ越し、転園の予定がある

転園が決まっているのであれば役員はまずできませんので免除
されます。引っ越しの場合は=転園とは限らないのですが、

「家庭の事情で転園も考えている」という場合はやはり一年間
勤め上げられない可能性もありますので同じく免除の可能性が
高いです。

・妊娠している、出産の予定がある

この場合は体調が非常に不安定な時期ですので、保育園側から
お断りされることもあります。

特に出産がその年だと、その前後は
全く動くことが出来なくなるので役員は無理と判断してくれます。

・兄弟のクラスで役員を引き受けている

この場合は既に役員を1つ引き受けていることになるので、二重で
依頼されることはほぼありません。

以上のような理由以外でも、家庭の事情などで引き受けられない
こともあると思います。

どうしても都合がつかない場合は、役員
決めの場ではなく、事前に保育園側や選考する人(大抵は前年の
役員さん)に個別に事情を話しておきましょう。

全員の前だと話しにくい事情もありますし、
人によっては「ならお父さんやおばあちゃんがやれば?」
と無理強いをする人も出てくる可能性が
あるので、事前に話が通っていて「免除」となる方が安心です。

まとめ

役員はボランティアといえど何かしらの「仕事」を引き受ける立場
なので、「あの人は断わらないだろう」という目先のことよりも、
責任感や真面目さが選ばれやすい人の特徴になってきます。

子供が毎日お世話になっている幼稚園や保育園の役員なので、
できるだけ協力したいと思う一方、やはり難しい場合も多いですよね。

ですので自分の許容範囲をよく理解して、無理な場合はしっかりと事前に
断っておくなどの意思表明も重要です。

役員については自分自身に
まず無理のない範囲で考えてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください