まんぷく朝ドラの子役は誰?出演キャストを徹底公開! | 知恵まとめ

まんぷく朝ドラの子役は誰?出演キャストを徹底公開!

毎日楽しみにしている連続テレビ小説も

10月1日から「半分、青い」から「まんぷく」に変わります。

寂しさもあり、楽しみもあり

この切り替わりの時期に複雑な気持ちになっているのは

わたしだけじゃないはず!

さてさて、今日は次回の朝ドラまんぷくの子役が誰なのかと

出演するキャストについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

朝ドラまんぷくの子役は誰?

毎回、連続テレビ小説の朝ドラでは
放送開始後しばらくは、主人公の幼少時代が描かれれていて

そのたびに、子役で採用されている子が
何かと話題になりますよね。

朝ドラに出演する子役はその後の活躍に
期待できるというか上手くいけば本当に売れますからね!

あさが来た!に出てた
鈴木梨央ちゃんなんかも人気になりましたしね。

さてさて、そんな話は置いておいて
今回のまんぷくでの子役ちゃんは一体だれなのでしょうか。

公式サイトをみても公開されていないし
はてはて?なんて思っているところなんと思わぬ情報が!

なんと「まんぷく」では子役を
使わないそうなのです。

子役を使わないというのは異例のことで
最初から18歳の主人公から話がはじまるんだそうですよ。

なので最初最後まで、
ヒロイン約の安藤さくらさんが出るということに。

安藤さん、現在32歳で
6月に出産したばかりなんだとか。

それで18歳って!!笑

本人も、じぶんが32歳の子持ちなので
悪あがきです、笑ってくださいって発言してるくらいですからね。

なんだか逆に楽しみですよね( *´艸`)

なんか複雑ですがそういうことみたいです。

今回、子役を採用しなかった理由としては
子ども時代の話が物語への重要性がないとのことで

バランスを見て決めたそうです。

話が進んでいく中で
子ども時代を思い出すようなシーンも
今のことろ予定していないみたいなので

完全、子役はないという感じですね。

一部で芦田愛菜ちゃんが…なんて噂もあるみたいですが

芦田愛菜ちゃんは、子役としての出演ではなく「語り」になります。

そもそも愛菜ちゃんも昔みたいに
もう中学2年生のお姉さんですしね。

スポンサーリク

朝ドラまんぷくの出演キャストは?

朝ドラまんぷくに出演する俳優さんには

誰がいるのでしょうか?

ヒロインは早々に「安藤サクラさん」に

決まっていましたが、他は?ということで

現時点で分かっている情報を

まとめてみたいと思います。

まんぷく 概要

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』。
今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描きます。
何度も失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦” を繰り返した末、二人は世紀の大発明へとたどりつく――人生大逆転の成功物語です。

立花福子:安藤サクラ

先ほどもいいましたが
2017年の6月にお子さんを出産して

そのすぐの10月にヒロインに抜擢されました。

みたことないな…

って人も多いのですが

2007年から女優活動をしていて

色んな賞を受賞している女優さんです。

役柄としてはヒロインの萬平の奥さん

福子を演じます。

立花萬平:長谷川博己

福子の旦那、萬平役です。

香田克子:松下奈緒

福子の姉の役

香田忠彦:要潤

克子の夫

今井咲:内田有紀

福子と克子の姉

小野塚真一:大谷亮平

咲の婚約者

今井鈴:松坂慶子

福子の母

世良勝夫:桐谷健太

福子の夫である萬平の才能に芽を付けた商社経営者

神部茂:瀬戸康史

萬平を慕う従業員。名門大学卒業の秀才

香田タカ:岸井ゆきの

福子の姪

保科恵:橋本マナミ

福子が働くホテルの先輩

鹿野敏子:松井玲奈

福子の女学校時代の親友

池上ハナ:呉城久美

福子の女学校時代の親友

牧善之介:浜野謙太

お金持ちの歯医者で、咲に恋をしている

野呂幸吉:藤山扇治郎

福子が働くホテルの料理人、福子の恋をしている

加地谷圭介:片岡愛之助

萬平と会社を共同経営して営業を担当

岡幸助:中尾明慶

萬平の会社の従業員

三田村亮蔵:橋爪功

大阪商工会の会長

東太一:菅田将暉

萬平を助ける弁護士

チャーリータナカ:岡崎体育

進駐軍のアメリカ兵士

語り:芦田愛菜

以上となります。

主題歌はドリカムさんの
「あなたとトゥラッタッタ♪」

94年の朝ドラ「ひらり」でも

晴れたらいいね が主題歌として採用されていて

同じアーティストが朝ドラの主題歌を担当するのは

はじめてのことなんだそうですよ( *´艸`)すごーい

10月1日放送開始になる第1週目のあらすじが
公開されていますね♪

しょっぱなからおもしろそうです。

1週目のあらすじ

舞台は昭和13年、大阪。三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱいに受けておおらかに育ったヒロイン・今井福子(安藤サクラ)は、女学校卒業後、ホテルで電話交換手として働き始める。父を早くに亡くし、家計を支えてきた長女・咲(内田有紀)の結婚が間近に迫ったある日、母の鈴(松坂慶子)が突然の腹痛を訴え、福子は鈴の病状に振り回されることに。一方、福子は咲のために結婚式で特別な出し物を用意したいと考え、写真をスクリーンに映し出せる新型の幻灯機のうわさを耳にする。幻灯機を開発している工房を訪れた福子は、立花萬平(長谷川博己)と出会う。のちに福子の夫となり、20年後、世紀の大発明を共に成し遂げる運命の相手だった。

引用元:https://www.nhk.or.jp/mampuku/story/

まとめ

イマイチぱっとしない人から大御所、

人気若手俳優に、まさかの岡崎体育など

おもしろい出演者が揃っていますよね。

語りが芦田愛菜ちゃんなのも気になるところ。

頭もいいし読書好きだからピッタリですよね。

あとは10月の放送開始をまつのみ。

楽しみですね~。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください