目黒不動尊瀧泉寺の初詣の混雑状況と近くに停めれる駐車場のマル秘情報 | 知恵まとめ

目黒不動尊瀧泉寺の初詣の混雑状況と近くに停めれる駐車場のマル秘情報

年が明けると、気持ちを新たに初詣に出かける方は結構多いと思います。

私もお正月と言えば関西にある夫の実家に家族で帰省しているので、ご先祖様のお墓参りと神社への参拝は毎年の恒例行事です。

参拝後にドキドキしながらおみくじを引いたり屋台で買い物をしたりと初詣は楽しいものですよね。

毎年関西で年末年始を過ごしているので、本来居住している関東での初詣は最近経験できなくなっているのですが、「東京で有名な初詣の会場は?」と言うと目黒のお不動様を思い浮かべる方が結構多いようです。

こちらはかなり混雑するとの噂をよく耳にしますが、本当のところはどんな感じなのでしょうか?少し遠いからできれば車で行きたいけど、駐車場はあるの?

など、今回は目黒不動尊の初詣について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

目黒不動尊瀧泉寺の初詣の混雑状況ってどんな感じ?

初詣には毎年約12万人もの参拝者が訪れる都心の有名な初詣のスポットである目黒不動尊。目黒不動尊というのは通称で、正式には泰叡山護國院瀧泉寺という天台宗の寺院です。

御本尊は不動明王で「目黒のお不動さん」と呼ばれ、地元の人を中心に親しまれています。

毎年12万人と聞くと大変な混雑状況・・・と不安になってしまいますが境内が広いですし、お正月三が日の合計人数ですので同じく東京都内で有名な明治神宮や、京都府の八坂神社などと比べるとそこまでぎゅうぎゅうの大混雑という印象でもないです。

場所も都心なので交通の便が良く、入れ替わりで参拝者がどんどん動けるので意外とスムーズに参拝することができますよ。

ただ、屋台や境内のパワースポットにはやはり人が集まるので、結構な盛況ぶりという印象を受けますが、それだけ馴染みのある人気の寺院ということです。

屋台の数はかなり多く、そちら目当ての参拝者も多いようです。

子連れの方だとお子様も飽きずに楽しめますね。ちなみに、パワースポットというのは境内を出てすぐの「三福堂」(恵比寿様が祀られ、金運や商売の繁盛に効果的)や、境内の「愛染明王像」(良縁を結んでもらえます)などがあり、どちらも有名なスポットで、お正月に限らず多くの人が訪れています。

目黒不動尊瀧泉寺には駐車場ってあるの?近くに停められる場所ってある?

目黒不動尊にも駐車場はあるのですが少なく、5台分のみなので初詣の時期はまず止められないと思っておいた方が良いでしょう。

周辺には有料のコインパーキングが何カ所もありますので、そちらに回った方が無難ですし確実です。都心のコインパーキングなので一か所に大体15台~20台ほどの小規模なパーキングが多いですが、何カ所もあるのでどこかしらは空いているという情報をよく耳にします。

スポンサーリク

利用しているのはほとんどが初詣の参拝者なので、回転も結構速いようです。

また、東急目黒駅不動前駅から徒歩10分、JR山手線目黒駅からは徒歩20分と、徒歩の範囲内に駅もありますので、駅近くのコインパーキングもおすすめです。

年賀状の返事は何日までに書いて遅くなった場合の返事の対応と文例は?

まとめ

目黒不動尊は迫力のある不動明王が魅力の人気寺院です。

境内が広く所々に有名なパワースポットがあったり屋台が豊富だったりと、参拝に行けば楽しい初詣になることと思います。

お車を利用の方はスムーズに行動する為にも直接目黒不動尊に行こうとせずに、周辺のコインパーキングを確保してから徒歩で移動してくださいね。

また、一つ注意が必要なのが、目黒不動尊で除夜の鐘をつきたい場合は予約制になっていることです。

予約は11月末頃から始まり、参加費を支払う必要がありますので、「来年こそは!」と考えている方は早め目黒不動尊のホームページをチェックするか、直接電話で問い合わせて予約開始日を確認しておきましょう。

それぞれの予定に合った楽しい参拝をしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください