容量制限のWiFiレンタル | 季節を楽しむ暮らしの知恵まとめ

容量制限のWiFiレンタル

スポンサーリンク

国内WiFiレンタルを使っていて、容量制限に引っかかって通信スピードがガクンと落ちた経験ないですか?実は、私はあります。けっこうショックでした。

動画を見るなど大量に通信をする方には、容量制限があるWiFiレンタルでは、不安があります。やはり、無制限の国内WiFiレンタルで、容量を気にせず使いたいものです。

今や、それらの声に応えて、無制限WiFiレンタルサービスも増えてきました。増えてきたら増えてきたで、どれを選べばいいのか迷います。

そんなあなたのために、無制限WiFiレンタルサービスを徹底比較しました。参考になさってください。

国内の無制限WiFiレンタルを考える時、どこからレンタルするかはとても重要な問題です。さぁ!詳しくご説明しましょう!

◯無制限というけれど、ほんとうに無制限?

無制限WiFiレンタルという言葉をずっと使ってきましたが、文字通り、無制限なのでしょうか?レンタルWiFiの無制限にはどんな条件があるのでしょうか?

というのは、国内WiFiレンタルでは、厳密な意味で「完全無制限」ではありません。「えーっ?そうなの?」と思ったあなたに、詳しくご説明しましょう。

スマホを使っている時のことをイメージしてみてください。国内WiFiレンタルでは、短期間で使用した容量にあわせて、通信速度に制限がかかるシステムになっています。

スマホを使用していて、速度制限がかかることがありますが、これと同じで、国内WiFiレンタルプランで決められた容量を越えると速度制限がかかります。

スマホと同様、WiFiの速度制限がかかると、速度制限が解除されるまで待つか、制限解除費用を払って解除してもらうかになります。

しかし、国内WiFiレンタルの一部では、「完全無制限」と謳っているところもあります。これは、まさに完全無制限です!つまり、速度制限がかかったときの解除費用があらかじめ料金に含まれているので、完全に無制限で使用できます。

そんなにいいものがあれば、それを使いたいと思いますよね?ただし、完全無制限の国内WiFiレンタルの数はあまりありませんし、料金は割高です。まっ、当然ですよね。でも、料金がかかっても無制限に使いたいという方は、利用されるといいでしょう。

無制限WiFiレンタルについてご説明しました。次は、実際の無制限WiFiレンタルサービスをご紹介しましょう。

国内WiFiレンタルでは、どのサービスを使うかによって、価格面でも、無制限の条件面でもずいぶん違います。無制限WiFiレンタルをどんなふうにレンタルできるかはレンタルサービス選びにかかっています。

◯国内無制限WiFiレンタルを徹底比較!

順番に無制限WiFiレンタルを提供しているおすすめサービスをご紹介しましょう。

ここに商品を比較形式で紹介

書き方が不明な際は以下を参考にしてください

ここから-------------------

商品名
商品イメージ画像

「商品の特徴」

海外向けレンタルWiFiサービスのイモトのWiFiは、業界大手エクスコムグローバル株式会社が運営しています。

現地通信会社と提携しているので、大容量・4G/LTE WiFiプラン、3GWiFiプランなど高品質なパケットでありながら、低価格を実現しました。他に、175ヵ国中何か国に渡航しても最大1580円/日の世界周遊プランもあります。

イモトのWiFiなら、WiFi1台で機器5台までシェアできますから、家族でグループで使えばお得です。現地からも24時間対応の日本人カスタマーサポートがあるので、安心です。

スポンサーリンク

受取、返却方法も、空港、東京本社、宅配から選べます。(下記スペック情報に詳細が載っていますのでご参照ください)

スイッチオン→パスワード入力だけの簡単な設定です。世界中のコンセントに対応可のマルチ変換プラグも無料です。

公式サイトは、初めての海外旅行お役立ち情報満載ですので、のぞいてみてくださいね。イモトのWiFiと一緒に、海外でもネット生活を満喫してくださいね。

「商品提供会社と内容」

運営会社:エクスコムグローバル株式会社(英語表記:XCom Global, Inc.)

対応国・対応エリア:世界200ヶ国以上の国と地域で利用可能(アジア・パシフィック、オセアニア、ハワイ・グアム、ヨーロッパ、北米、中南米、中東、アフリカなど)

料金プラン例

大容量オプション無料対象プラン(1ヵ国のみでの利用が対象)
3G(USB):480円/日~1,280円/日
3G(WiFi):680円/日~1,580円/日
4G/LTE (WiFi): 680円/日~1,580円/日
※(料金プラン詳細は公式ホームページでご確認ください)

端末モデル
WiFiルーター:MKI Wi-Fi 4G LTE、ATEL WIFI 4GLTEなどを含む13種類
USBモデム:Huawei E176、C-motech CBU-450D
※(渡航先に合わせた機器を貸出し)

申込方法:WEB

申込期限
・宅配便の場合、出発4日前?出発2日前の16時まで(配達エリアによって異なる)
・空港の場合、出発3日前?出発前日の16時まで(空港によって異なる)
※(一部の空港カウンターでは当日レンタルも受付、詳細は公式ホームページでご確認ください)
・東京本社(渋谷)の場合、出発2日前の17時まで

受取方法
・宅配便(出発日の前日に)
・空港(当日空港カウンターにて)
※深夜便で出発の場合は出発前日が受取日)
・東京本社(渋谷)(平日10:00~20:00、土日祝11:00~19:00)

支払方法
クレジットカード(VISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS、JCB、Diners Club INTERNATIONAL)

手数料
・受取手数料:空港・宅配で受取は500円/台(+税) (東京本社(渋谷)受取は0円)
・事前受取手数料:450円/日
(東京本社(渋谷)または宅配で最大3日早めることができる)
・着払料:1,000円/台
・延滞料:2,000円/日など

オプション
安心パック、安心パックフル、安心パックプラス、モバイル充電池、USBポートなど
※オプション詳細は公式ホームページでご確認ください

ここまで-------------------

いよいよ無制限WiFiレンタルの料金を比較してみましょう。完全無制限は、少々割高になるのは仕方がありません。レンタル料金は一日当たり〇円です。ただし、1か月以上の長期でWiFiをレンタルされるのなら、長期割引適用で1日プランよりお安くなります。しかし、1か月あたりの料金に換算すると〇円になり、やはり割高感は否めません。

やはり、この値段はしんどいなとお考えなら、完全無制限でない無制限WiFiレンタルを考えましょう。完全無制限でない分、料金が抑えられます。そんな無制限WiFiレンタルなら、次のWiFiレンタルがおすすめです。

•格安のレンタル料金水準!

ここに商品を比較形式で紹介

まとめ

国内無制限WiFiレンタルを容量面、費用面でまとめてみました。あなたの無制限WiFiレンタル選びの参考になさってください。

もちろん、完全無制限に越したことはないですが、ネックは料金です。あなたのネットの使い方次第では、完全無制限である必要はないかもしれません。あくまであなたの使い方と財布にご相談ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください